(仮称)グランフォーレマンション西新プロジェクト (仮称)グランフォーレマンション西新プロジェクト

賃貸の家賃はいくら支払っても掛け捨て。それに対して、マンションのローン支払いは自分の住まいへの支払いであると共に、資産形成への投資という側面もあります。

資材費が高騰し、新築マンションの価格も上がっています。しかし、今は史上最低金利水準。現在は価格を見るよりも支払額から判断した方が正しいといえます。

「グランフォーレ西新パサージュ」では、転勤やご結婚など何かのご都合で住まなくなり、賃貸運用をという場合でも賃貸管理システムをご用意。空き家になりローンだけ残る不安を軽減します。

賃貸の場合、新しい住まいを決める際には敷金や礼金が必要になりますが、マンションを購入する場合は不要です。さらに、住宅ローンは諸費用や引越し費用も含めて借入れができるため、購入時の自己資金0円からでもマンションを所有ことができます。

「団体信用生命保険」とは、住宅ローンの返済途中で死亡・高度障害になった場合、ローンの残高がすべて保険で支払われる制度です。また、三大疾病や入院保障への対応など、ご要望に沿った手厚いサポートも選択できます。人生100年といわれる現代、働き盛りの健康なときこそマンション購入の適齢期。団体信用生命保険に加入することは、万一に備えて将来の大きな安心を手に入れることになります。

365日24時間リアルタイムでマンションを監視。異常発生時には警備員が昼夜・曜日を問わず現場へ急行します。さらに火災が生じた際も管理室とセコムに自動通報され、状況に応じて関係機関にも通報されます。

ライフサイクルに応じて、スマートに運用できるコンパクトマンション。ライフサイクルに応じて、スマートに運用できるコンパクトマンション。

仕事も生活も充実させて、いきいきとした人生を手に入れる。働き方改革の柱「ワークライフバランス」の実現にも、好立地で高品位な分譲型コンパクトマンションが貢献します。仕事、生活、そして資産性という将来の安心のためにもおすすめします。

住む、働く、遊ぶ、が近いと楽しい。

オフィスに、レジャーにショッピングに。思い立ったらすぐに行動できる。都心に住むとONとOFFが自然に切り替わって毎日がスムーズにスマートに。テンポのいい快適な生活を満喫できます。

「セカンドハウス」でゆとりの人生。

持家の方でもコンパクトマンションを所有することで、暮らしの幅が広がります。ゲストルームや趣味の部屋として、子供の部屋として、老後の生活の拠点として、いろんな使い方で安心とゆとりが生まれます。

便利な場所で在宅ワーク。

スモールオフィス、ホームオフィスにも、都心は好都合です。打ち合わせ時の移動に便利で作業にもゆとりを持って取り組むことができます。天神駅や博多駅、さらに空港も身近な福岡都心なら、仕事の幅が広がります。

これからの資産形成に考えたい。

立地や環境に魅力があり、居住性にも優れたマンションは、賃貸物件としても高いニーズが見込まれます。家賃収入を私的な年金として使うゆとりの生活。空室時でも家賃が保証されるシステムがあるので安心です。

※掲載の写真は当社施工物件を撮影したもの、およびイメージ写真です。

Copyright © KOSE R.E. CO.,LTD. All Rights Reserved.